アウトサイダー・アートとは1972年に美術評論家のロジャー・カーディナルによって提唱されたこの概念。言い換えるならば、正規の美術教育を受けていないアーティストによって制作されたアートを指すテクニカルタームと言える。

 型破りで自由なスタイルのアウトサイダー・アートについて、本記事ではACMギャラリーが取り扱う作家を紹介していく。

藤橋貴之/Takayuki Fujihashi

1963年生まれ。20歳になって、新明塾の仲間と出会い絵を描く楽しさを知りながら、自分の世界を広げる。 20代、30代は染色、クリーニング屋さんなどで実社会経験も積み、真面目で着実な仕事ぶりは評価される。その後、一時期工房ソラに入所、さおり織や陶芸の絵付けなどでその造形感覚を発揮する。現在は自立を目指して一人暮らしをしている。

エトナ山をのぞむ
41.3 x 53.4 cm 
ハルシュタット
41.3 x 53.4 cm

作家の詳細はこちら

神楽谷/Kaguratani

1971年生まれ 岡山県津山市在住。常に自分の興味のあるものにアンテナを張っており、興味あることを形にしたいという思いは強く、油絵、水彩画、デザイン、オブジェなど、興味の赴くままに作品を作っていく。いくつもの作品が同時進行で制作されており、アトリエには制作途中の作品が多くある。

ミクロコスモス
110 x 80 cm
ねこ
27 x 22 cm

作家の詳細はこちらから

XL

1967年生まれ。2006年より「NPO法人スウィング」に所属。中学卒業後、左官屋に就職するも激しい「いじめ」にあい速攻で退職、推定15年に及ぶ引きこもり生活を経験する。芸術創作活動「オレたちひょうげん族」、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」等、多方面に渡ってスウィングの「仕事」を中心的に牽引中。

ピカソの哀しみ
54 x 39 cm
くつろぎの夜
54 x 39 cm

作家の詳細はこちらから

寺井良介/Terai Ryosuke

1985年生まれ。野球への情熱は、動物や身の回りにあるものを次々と野球の世界に引き込んでいく。一見すると無関係に思えるものも、元をたどると実は野球を発端に飛躍している。

グルメの町
45.5 x 53 cm
チーズベースボール
45.5 x 53 cm

作家の詳細はこちらから

松本寛庸/Hironobu Matsumoto

1991年生まれ。2〜3歳の頃から絵を描き始め、3歳で高機能自閉症と診断された。彼の作品は、その時の興味や関心を反映したものが多く、自分の考えるイメージに変えて描く。色鉛筆も300本、水性ペンも100本ほどの中から迷うことなく色を選ぶ。定規や消しゴムや修正液などは一切使わず、緻密で繊細で色彩豊かな作品が多い。

UFO
76.2 x 108 cm
夜空から見た大都会
76.7 x 108.4 cm

作家の詳細はこちらから

世界で評価の兆しが見える日本初アウトサイダー・アート。奇妙にも思える作品は、しかしその内面性故にボーダレスなパワーを持つのだろう。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Copyright © 2019 TRiCERA, Inc. All Rights Reserved