金曜日, 1月 28, 2022

Soy

58 POSTS0 コメント
https://www.tricera.net/
ArtCLip Editor-in-Chief / Artist

中島健太 | 旅するミュシャ展 〜名画を旅する猫〜のご案内

旅するミュシャ展 〜名画を旅する猫〜のご案内   この度、TRiCERA MUSEUM では、2/13(日) – 12/19(土)の会期にて、中島健太個展「旅するミュシャ展 〜名画を旅する猫〜」を開催いたします。 ★また、展示会に先立ち、2/12(土)に特別予約制のプレビューデイを設けさせていただきました。 2/12(土)には中島健太が会場に在廊します。是非以下の応募フォームよりご応募いただけますと幸いです。 プレビューデイへのご応募はこちら 本個展で作品を出品する中島健太は、情報番組コメンテーターやドラマの美術監修など多方面に活躍中の作家。 緻密なタッチの油彩画で数多くのファンを魅了してきた中島健太が描く今回のモチーフは、数々の名画と彼の飼い猫である「ミュシャ」。 ミュシャは中島健太の愛猫で、好奇心旺盛な猫ちゃんです。 今回の展示では、「ミュシャ」が9枚の絵画の中に登場します。 旅をする名画は以下が含まれています。 ・リンゴの籠のある静物(ポール・セザンヌ) ・猫と金魚(アンリ・マティス) ・ファン・ゴッホの椅子(フィンセント・ファン・ゴッホ) ・すみれの花束をつけたベルト・モリゾ(エドゥアール・マネ) ・ルーヴシエンヌの雪(アルフレッド・シスレー) セザンヌやマネなど名画の世界を旅しながら、時には目をくるくるさせ、時には絵画のモチーフにじゃれつき、疲れたら一休みしてお家ですやすや… 見ているだけで癒しをくれる、愛らしさを煮詰めたようなミュシャの姿を、ぜひ間近でお楽しみください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 開催概要 旅するミュシャ展 〜名画を旅する猫〜 会期:2022年2月13日(日) ー 2月19日(土) ★ 2022年2月12日(土)は招待者限定プレビューデイを開催いたします。 営業時間:月〜日 11:00-19:00  会場:TRiCERA MUSEUM 〒108-0074 東京都港区高輪3-22-5 SDS高輪ビル 2F (ギャラリースペース) アクセス:Google MAP JR 品川駅より徒歩約6分 連絡先:​​03-5422-8370 ————————– お問い合わせ 出展作品や個展詳細についてのお問い合わせは下記までお知らせください。 03-5422-8370 customer_support@tricera.co.jp    中島健太の作品はこちら 中島健太 プロフィール   1984年生まれ。画家として情報番組コメンテーターやドラマの美術監修など多方面に活躍。今まで描いた作品700点以上が完売している事から「完売画家」と呼ばれる。 全国で個展を開催。YouTubeでライブペインティング「旅するミュシャ」を放送中。ミュシャにはちょろい同居人と思われている模様。著書『完売画家』(2021年、CCCメディアハウス刊)が全国書店で発売中。 中島健太公式サイトはこちら YouTubeチャンネルはこちら Instagramはこちら Twitterはこちら   中島健太の作品はこちら 今回ご紹介の展示はTRiCERAが運営しています。

菊地虹 個展のご案内  |KO KIKUCHI EXHIBITION

菊地虹 個展  |KO KIKUCHI EXHIBITION TRiCERA MUSEUMでは、 12/4(土)から12/11(土)の会期にて、KO KIKUCHI EXHIBITIONを開催いたします。 昨年、東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻を卒業、現在は同大学修士課程に在籍しながら 一作家として東京を中心に活動をしています。新たな取り組みや制作に実直に向き合い、 新進気鋭ながらも高く評価を受け今後の注目を集める菊地虹は、 「もの」という実体、曖昧な境界をもちながら連続していく個体のそれぞれを等価な視点で捉え直し、「もの」の姿をむき出しにし、図面上に無造作に配置し、そこに立ち現れる個々の共生や価値の在処、また相等の構造について、実践的に考察を続けています。   「KO KIKUCHI EXHIBITION」(GALLERY b. TOKYO, 2021)より、半年ぶりとなる本個展では、 色彩、絵具や色紙などの素材をコラージュさせた菊地の代表的な作品群《スペクトラムシリーズ》の新作とともに、 お笑いコンビ EXIT・兼近大樹による小説『むき出し』の装画として描き下ろしされた新作を会場にて初公開いたします。 同作で書き綴られた躊躇のないリアルな情景描写からインスピレーションを受け、浮かぶイメージを鮮明に描き捉えたという作品は、物語との連続性を想像させ掻き立てています。 絵画あるいは文芸という垣根を超えて、二人の表現者が関わり合い、 鑑賞者として、また表現者として対話し介入していく一連の営みについても、本作品を通してご鑑賞いただけますと幸いです。 菊地虹の作品はこちら 本個展に寄せ 菊地虹コメント 装画を制作するにあたって小説の原稿を読んだとき、自分でも驚くほどの衝撃を受けました。ひとつひとつ指でなぞるように描写される心情や光景、それらがまるで自分で体験したことかのように鮮やかなできごとして感じられたからです。私は読み終わってすぐに制作に取り掛かり、文章から体験したことをこぼさずに描きとめたい一心でキャンバスに向かいました。絵を観たとき、小説の持つチカラの一片でも感じて貰えたら幸いです。 モノを尊重する態度とは、順番でも優劣でも大小でもない居場所をそれぞれの個に見出し、あえて評価を散逸させるものである。等価値たり得ないモノを、等価値に並べようとする際限なき営みの中に、虚しさにも愛おしさにも所属しない感情が芽生える。その営みの繰り返しの中で、モノはどのように隣合い、並ぶことができるのだろうか。また、並ぶべきなのだろうか。 私の手法では、平面上にモノを個として扱うなかで、それぞれに共有関係を与えていく。それぞれが関係し合い、並び、つながりを得る中で、共有し得ない個が立ちあらわれる。一緒くたになりたいと願い、関われば関わるほどそれ特有の個は反比例するように強まる。そのどうしようもないバラツキの中に生まれる、絶え間なく移動するモノのあるべき居場所を、あてもなく眺めている。 開催概要 菊地虹 個展|KO KIKUCHI EXHIBITION 会期:2021年12月4日(土) ー 12月11日(土) 営業時間:月〜土 11:00-19:00 (※日曜のみ休廊)  会場:TRiCERA MUSEUM 〒108-0074 東京都港区高輪3-22-5...

QUICK INSIGHT Vol.14 ダーク・ポップ|ボウル太郎

多くの問題を抱える現代のリアリティを シュール且つポップに描く日本の若手作家, ボウル太郎 制作を始めたきっかけはなんでしょうか。 作品を制作し始めたきっかけは、入学した高校が美術学校だったという事です。最初はあまり制作にあまり真剣ではなかったのですね。そんな時に高校展という学生コンペに応募することになり、下絵に悩んでいました。いくつか描いてみたのですが、先生に面白くないと言われたりしたので参考にするためにM.Cエッシャー(1898- 1972)の個展を観に行くことにしました。エッシャーの作品を目の前にした時に雷が頭に落ちる衝撃を受け「今、絵を描ける」という感覚が降りてきました。その時にエッシャーに体を乗っ取られたと思い、その次の日から絵が変化し自由に描ける様になり、下絵も面白いと言われる様に変わったんです。それから作品に対して本気で人生を賭けて挑んでみようと思いました。 ボウル太郎という名前の由来はなんでしょうか。 私の本名は朝井というのですが、ブラジルの料理で、アサイーボウルというのがあるんです。これは、果物のアサイーのスムージーに他の果物や蜂蜜などを加えたものなのですが、このアサイーボウルの名前から取ってボウル太郎になりました.芸術と聞くと気構えてしまう人が多いし、硬い名前の芸術家の方などは名前のイメージに引っ張られて、絵も硬くなってしまうのかなと思っていて、なので自分は絵を自由に描いてますという事を表したくて、こういう名前にしたんです。 作品詳細ページはこちら 影響を受けたもの、自身にとってターニングポイントになっていると思うものはなんでしょうか。 先程も紹介したM.Cエッシャーもターニングポイントになっているのですが、絵を更に変えてくれたのはキース・ヘリング(1958-1990)です。彼の作品はポップで、オシャレで、現代的で、描かれたもの一つ一つにストーリーがある所にとても刺激を受けました。また、彼のポップアートの商業的な部分がとても素晴らしいと感じて、Tシャツなどにしたときにオシャレになる作品を作ってみたいと思わせてくれました。なので彼には確実に大きな影響を受けたと感じています。 作品詳細ページはこちら 現在の制作のテーマについて教えてください。 制作のテーマは「物語」です。私の作品は一つの絵画の中で、物語を展開するような構成にしています。私は小説などを書くのも好きで、その中でも物語を構成するのが特に楽しいと感じています。どのような作品を作るにせよ、自分の制作する全てのものにおいて「構成」はとても大切にしています。また、漫画や小説は沢山の枚数で人に伝える事をしているメディアなので、その連続性において、物語の流れを説明するのが絵画よりも容易だと思っています。ですが、絵画は一つの画面にその物語の全てを入れ込まなければなりません。そうでなければ、文脈のない、なんの意味も中身も無い物になってしまうと感じています。そのため、私は「一枚の絵画の中で物語を伝える構成作り」をテーマに制作をしています。 作品詳細ページはこちら 「物語」というキーワードを持って作品を制作されているということですが、主題や、描いているものは、「現実」的なものが多いように思います。「現実」と「物語」の関係についてどのように考えますか。 絵というのは誰かに見てもらうことを前提に描いているものなので、物語の中に現実的な要素を入れ込むことで、彼らの感覚に近いものを作品の中に感じ取って欲しいと思っています。ただ、現実味がありすぎても絵画は面白くなく、一方で、フィクションなどの物語性が強すぎても分かりづらくなると思っていますので、その間の絶妙なラインを出せるように描いています。 作品詳細ページはこちら 手法や色彩の影響もあるでしょうが、全体に少しダークな印象を受けます(ブラックユーモアのようなものに近い雰囲気かもしれません)。そういった印象についてご自身はどのように感じますか? 自分はまだ18歳で、一年の間に思考が変わっていきます。私もですが、人々の中でブラックな、ダークな気持ちは、特に今の時代にはとても強くなってるように思います。これまでは人々のそんな部分に共感できるものを描いていましたが、大学1年生になってもっと幸せな事も描こうと思える様になりました。きっとこんなふうに描きたい議題は一年ごとに変わるのだと思いますが、人間の悲しいと感じる部分や報われない気持ちに寄り添える絵を描ける様に一年一年精進していこうと考えています。 作品詳細ページはこちら  次に実現したいと思っている作品のアイデアがあれば教えてください。 今は白黒の大きな作品が多いのですが、これからは色を付けた大きな作品なども制作してみたいなと思っています。今までは銅版の作品を白黒で制作していたのでこれからは沢山新しい技法を試して、自身のキャパシティーを増やしていこうと思っています。 ボウル太郎 コンセプト ボウル太郎のファンタジー作品には、オートマティスムという技法が使われています。この技法は、いわゆるシュールレアリズムである。画家エッシャーやエゴン・シーレの影響を受け、遠近法の誘導や真の人間性を追求する世界に魅せられている。彼のコンセプトは「人に自由を伝えるアート」。これからも、誰もが享受できる自由を伝えるアートを作り続けていくだろう。 経歴 2003年生まれ。2018年 高校に入学2018年 大阪府高等学校美術工芸品展 優秀賞2018年 佐渡版画甲子園 佐渡市長賞2019年 大阪府立高等学校美術工芸展 優秀賞2019年 二科展入選 今回ご紹介の作品はTRiCERAで扱っています。

TBSで放送の「カバン持ちさせてください」に弊社登録作家が紹介されました。

TBSで放送の「カバン持ちさせてください」に弊社登録作家が紹介されました。この機会にぜひ作品をご覧ください。 今回紹介された作家 中島健太   1984年、東京都に生まれる。大学で油絵を学びながら、3年目にプロデビューを果たしました。以来、500点を超える作品はすべて完売。商業的に成功しただけでなく、日本で最も重要な美術展である日展で、その繊細な技術が評価され、2度の特別賞を受賞している。作品制作だけでなく、テレビメディアのコメンテーターとしても活躍するなど、その活動は多岐にわたっています。いかにアートに親しんでもらうか」をコンセプトに、アートと日常生活の解離を解消し、両者の調和を図ることを目指している。 中島健太の作品を見に行く mamoru 無気力で可愛い女の子を描いています。 mamoruの作品を見に行く   IKU→ 自分に会ってみたいと思っていた。でも、自分に会うことはできません。しかし、私の作品は私の分身です。顔は、私の中で唯一、直接見ることのできない部分です。自分の感情や他人の感情によって、顔の見え方が変わってくるのです。また、私は時間に興味があります。人の顔で過去、今現在を表現したいと思っています。 IKU→の作品を見に行く 今回掲載の作家作品はTRiCERAでお取り扱いしております。

愛猫が絵画の世界を旅をする、猫ちゃんのかわいさをアート作品に永遠に残す方法

ようこそ猫好きの皆さん。 この記事では画家である中島健太が描く世界の名画の中を旅する猫の作品シリーズ「旅するミュシャ」のご紹介と、あなたの愛猫を絵画の中に残すためのオーダーメイド作品制作のご案内をいたします。 ミュシャ 画家、中島健太の飼い猫で、好奇心旺盛で新しいものが大好き。中島健太との会話を通じて、 世界の名画の世界を楽しんでいる。名前の由来はアルフォンスミュシャ。抱っこはあまり好きでは無いけれど、肩に乗っかって一緒にうろうろする事を好む。 中島健太 ”ミュシャと住み始めて1年と少しになります。ミュシャはとても好奇心旺盛で新しいことが大好き。そんなミュシャと画家だからできる旅、世界中の名画の世界を一緒に旅をしようと思います。国境も、時間も、ジャンルも超えて、いろんなところへ行こうね、ミュシャ。” 「旅するミュシャ」シリーズ作品 セザンヌの静物と遊ぶ (W 41 x H 53 x D 2 cm,Oil Painting, 特別価格で提供中) 何かに夢中になると、周りが見えなくなってしまうミュシャは、セザンヌのセッティングした静物に興味深々。 モデルがポーズ中にちょっと動くだけでも怒鳴り散らしたという、こだわりの強いセザンヌ。 どうしても机の上のリンゴが気になるミュシャ。 ダメなのはわかっていても、どうしても好奇心が勝ってしまいそう…。 おうちでおやすみ (W 27.3 x H 19 x D 2 cm,Oil Painting) ミュシャは小さい頃からペンギンさんのぬいぐるみが大好き。 昔はおんなじくらいのサイズだっのに、今は比べると、ペンギンさんは小さな弟のよう。 お家の中だから雨に降られる心配は無いけども、もう一緒に雨宿りは出来ないね。 ミュシャの夏休み (W 18 x H 18...

QUICK INSIGHT Vol.13 Norris Yimの描く人間社会の苦痛と美しさの共存

現在に生きる人間の複雑な内面を表象するような抽象的なポートレートを描くNorris Yim。現代社会のディストピア的な側面に寄り添いながら制作を続ける作家が見つめる現代を生きる人々の苦悩と美しさとは。  制作を始めたきっかけはなんでしょうか。 自己忍耐のための修練の一つとして、大学の環境・インテリアデザインコースの1年に在籍していた時に絵を描き始めました。在学中に学習と研究を通して、視野が広がっていくことで、いろんな絵画を描き、自身のスタイルを研究しました。そして、何かが人生よりも長く残るようにと、残りの人生でも絵を描き続けることを決意しました。 現在の制作のテーマについて教えてください。 資本主義と偽善的な生活に迎合する上で、人々は生きていくための本来の外見を捨て、新しい顔が古い顔に取って代わるようになったような状態だと思います。たとえ厚化粧をしても、偽善と生への恐れから、そうした新しい自分でさえも、さらに新しい自分になるために忘れてしまうのです、こうした感覚をもとに、社会の哀れさや悲しさを表現する抽象的なポートレートのシリーズを生み出しました。 それらの抽象的な顔料は、作品の基礎を形成する私のダークサイドな部分と気分を表しています。 《Destruction of Dark Chaotic》2021 W 60 x H 60 x D 1.6 cm 作品販売ページはこちら 3. 影響を受けたもの、自身にとってターニングポイントになっていると思うものはなんでしょうか。 私のターニングポイントはウィレム・デ・クーニングの作品や技法に出会ったことです。 巨匠のドキュメンタリーを研究しているうちに、ウィレム・デ・クーニングの作品に出会いました。彼の絵画技術から「力強さ」「軽率さ」「自由」を学びました。 私は、それらを意図的にやるのではなく、自由な方法で抽象的なことをしてみたいと思っています。その結果として、絵を描く過程で私は下書きなしで絵を描くようにしていますし、描くことができます。 《Nameless 3321》(2021) W 70 x H 90 x D 1.8 cm 作品販売ページはこちら 人物の抽象化にはどういった意味があるのでしょうか。またどういったプロセスで抽象化を行いますか? カラーパレットは、美しさと痛みの間のアイロニーを示しています。つまり、私たちが抱える痛みとストレスを意味します。 記憶喪失、混乱、アンバランスな生活。見ているのに見えないとき。想像力のない思考、魂のない生活。マルチタスクになればなるほど、特に顔や内面の記憶においては、輪郭がはっきりしていても、細部がはっきりしなくなります。この絵は、忘れていく過程や手の届かないところにある思考を表しています。 "目の前に顔があるのに、それが何なのかピンとこない" そう言った感覚を表現しています。 抽象化のプロセスについて、最初は、その場で選んだ色を流し込み、パレットナイフでテクスチャーを作るのが好きです。この工程における、遊び心や自由さは私に満足感をもたらします。その後は、ミキシングパレットを使ってテクスチャーを重ね、ポートレートの奥深さを表現していきます。 最終的にケーキチューブを使って独特のテクスチャーを作り、耳や首などの細部のシャープさを強調していきます。 《Nameless -...

「全てのアートプレイヤーにとってパートナーでありたい」株式会社between the arts CEO/Founder 大城崇聡

「全てのアートプレイヤーにとってパートナーでありたい」 そう話すのは、日本初のアート管理サブスクリプションサービス「美術倉庫」を展開する株式会社between the artsの代表取締役CEOの大城崇聡さん。もともとアートコレクターだった大城さんは「コレクションを管理してくれるスキームが日本にない」と感じたことをきっかけに事業を立ち上げた。 現在では元麻布にアートコレクターのための展示スペースも構えるbetween the artsの起業の背景、抱える課題意識について代表の大城さんに話を聞いた。 「自分も使ってみたい」がきっかけに まずは起業の経緯についてお聞きしたいと思いますが、もともと大城さん自身はアートコレクターだったそうですね? もともとファッションが好きで、その延長と言いますか、7年くらい前から作品をだんだんと買い始めました。ストリートカルチャーに繋がりのある作家さんが多かったですね。当時はKYNEさんとかまだまだ出始めの頃だったかな。だから、最初は一介のコレクターでした。仕事も不動産関係。職業的にはアートとは全然違うところにいました。 起業は2020年ですが、コレクターからアートビジネスのプレイヤーに至った経緯はなんだったんでしょう? 一重には「もし存在したら、自分が使ってみたいサービス」を思いついたことですね。1人のコレクターとして現在の事業のようなサービスがあったらいいなと感じたんです。だから最初はごくごく個人的な思いつきです。 というのは、実際に私もコレクションの保管や管理に悩んでいたから。日本の美術業界を「作品を購入する側」、言い換えると「作品を保有している側」から見ると、少し痒いところに手が届かないというか、実は足りない部分って意外と多いんじゃないかなと感じていたんですね。 何となく想像はつきますが、保管場所についてですか? そう、どのコレクターにも共通する悩みです。コレクターの性と言いますか、やはり作品をたくさん買うし、たくさん保有するわけです。当然ながら家の壁は埋まっていく。やがて「飾る場所がない」という問題に突き当たる。 私自身もそうだったし、だから当時は倉庫も検討したんですが、でも少し高価な印象があった。いわゆるビックコレクターには妥当な価格かもしれませんが、サラリーマンコレクターのようなクラスにいる自分には合わなかったんです。 それでも作品は欲しい。 まさしく(笑)。 これはとあるコレクターの方から聞いた話ですが、その方曰く「何を持っているか分からなくなってこそコレクターだ」と(笑)。 それは極端な話だと思いますが、でも自分を例に考えると、やはりインテリアのように飾ることを想定して買っていないことは事実なんですね。「欲しい」と思ったら買う。そこには実用的な目的意識はない。家の壁に合うとか、他の家具に合うとかではなく、自分がその作品に納得し、欲しいと思ったら買う。だからある意味では家の中に置く場所がなくて当然だと思うんです。 作品は展示に貸出をしたりするので、中には家にある方が稀という作品もありますよね。 でも一方で危険だなと思うのは「あれ、あの作品って持ってたっけ?」となること。つまり自分のコレクションの把握が不可能になってしまうことは危ないと思っていて、それは作家さんへのリスペクトという点でもそうですが、その後の購入やコレクションの形成にも支障をきたしかねない。 「飾る場所がないこと」と「コレクションを把握してないこと」は別問題ということですね。 おっしゃる通りです。現実にたくさんの作品を保有するコレクターはいて、しかも作品を買い続けている。でもコレクションの数が多くなればなるほど、その把握は困難になる。 極端な話ですが、その究極系がコレクションの散逸ですね。 そう、でもせっかく形成したコレクションがそんなことになってしまうのは勿体ないというか、悲しいことだと思うんです。文化的な損失はもちろんですが、アーティストにとっても悲しむべきことだし、コレクターにとっても資産が失われることを意味してますから、誰にとっても歓迎すべきことではないですよね。 私自身もその問題に直面しかねなかったし、そう考えると危ういな、と。だから最初は「あったらいいな」なんです。自分のコレクションを適切に管理してくれるサービスがあったら良いな、と。自分も使ってみたいという、その気持ちが今の事業を始めたきっかけですね。 「不動産は管理会社があるのに、アートにはない」 先ほどのお話だと、between the artsさんの事業は作品を預かるだけではなく、「コレクションの把握を手伝う」ような、ある意味では資産管理に近いニュアンスを感じますね。 いや、まさしくそこが重要なポイントです。私たちがしたいことは「作品を預かって保管する」だけではない。その先にあるコレクションの管理を見ているし、そここそが今の日本のアート業界にとってまだまだ不足している部分だと思ってます。 作品を預けることと、作品を管理することにはどういう違いがあると思いますか? ここのニュアンスは複雑です。倉庫を借りて作品を預ける、これはほとんどお客様だけで完結してることだと思うんですが、でも「コレクションの把握」は満たされていない。結局は自己管理の話ですから。 作品の保管だけではなくて、本当に必要なのは「自分が何を持っているのか?また、それらの価値はいまどうなっているのか?」を知ることだし、作品を持ち続けるということには色々なイベントも伴う。その全体をカバーしてくれるサービスやプレイヤーが日本には欠けていると思うんですね。 倉庫での保管の様子 細やかな発想だと思いますが、着想源はどこにあるんですか? 不動産の管理会社ですね。 もともと私がその業界にいたことが大きいのですが、不動産にはアセットマネジメントという考え方があり、保有している不動産を管理する仕組みが出来ているんですね。 不動産もアートも高単価ですよね。でもなぜか後者には資産管理という観点が欠けている。正直に言うと、アートは全体的に不動産よりも管理体制が雑な印象が否めなかった。事業として本腰を入れてやろうと思ったきっかけの一つはそこですね。 不動産とアートで似通っている部分もあれば、その反対もあると思いますけど、戸惑うことはありますか? 大きい違いとしては法律でしょうね。不動産は法整備がされていて、そちらを主なルールにして事業展開すれば大きな間違いは犯さない。けれどアートにはそれがない。でも全くルールがないわけではなく、諸先輩方が培ってきた不文律の決まりはある。事業として展開していくにあたってはいわゆる業界の掟のようなものには気を遣いますね。 例えばアートの仕事を始めようと思った時、アーティストが所属するコマーシャルギャラリーの方向には行かないようにしようとは考えていました。もともとは「アートもちゃんと管理した方がいいよね」という、1人のコレクターとして思ったことを実現したいだけなんです。 業界のポジショニングには気を遣われているんですね。 ポジショニングというか、単に「もっとアートの世界をよくしたいよね」と思っているだけです(笑)。 課題が多い領域ですし、競合しあうのではなく、手を繋ぎあう方が優先されるべきだと思うんですね。 だから、基本的には全てのプレイヤーにとってパートナーになりたい。現実問題、これがすごく難しい発想だというのは分かります。でもコレクションの管理にはまだプレイヤーがいないし、そう競合し合うこともない。ギャラリーからお客様へのサービス提案のひとつにうちが入れたら嬉しいし、みんな困ってる領域ですから。 これも理想ですが、私たちが関わることで作品のバリュエーションが上がってくれれば良いと考えています。それは資産的な意味だけではなく、文化的な側面でもそうですね。 具体的にはどういう意味でしょうか? データをおさえることですね。個々の美術品にはそれを制作した作家さん、タイトルやサイズ、どこで買ったのかなど、様々な情報がある。作品の情報だけではなく、その来歴も重要な情報です。作品をお預かりすれば、例えば美術館への貸し出しなど出入りはある。その情報をしっかり管理する必要はあると思います。 自分のコレクションの把握や管理ができない状態を回避するには、そのデータを適切に管理することが必須になってくるでしょうからね。 他にもコレクションを展示するスペースもオープンされましたね。日本でもコレクターがオープンな姿勢をとることが増えた昨今のニーズをおさえている印象があります。 「自分のコレクションを見せる」という願望はあると思うんです。私自身がそうだし(笑)。なぜなら良いと思って買っている作品だし、それを同じ価値観を持っている人たちに共有したいというのは自然な気持ちだと思います。 港区元麻布にオープンさせたレンタルアートギャラリー「between the arts gallery」では、特定のコレクターにクローズアップしたコレクション展などを定期開催しています。自宅や倉庫に作品を眠らせておくよりもずっと健全な楽しみ方だと考えていますね。 レンタルアートギャラリー「between the arts gallery」 それも一つのコレクション管理のあり方ですね。 おっしゃる通り、自分が持っている作品をどのように管理するか、そこには展示のような動きを与えることも選択肢にある。そういった幅広いコレクション管理のあり方も提案していきたいと思っています。 重要なのはあくまでも美術品、アート作品を扱っているということ。不動産やその他の資産と同様の部分はあっても、アートの特質はおさえなくてはいけない。 日本のアート業界には色々なところに、色々な課題はあると思います。一つの会社が全部を解決することは難しいですが、私たちが取り組むのはあくまでも「コレクション」という領域にある問題。アートはインテリアとは違います。適切な管理は絶対に必要だと信じています。 大城崇聡 | Takatoshi Ogi 株式会社between the arts CEO/Founder 一般社団法人日本アートテック協会 代表理事 不動産テックカンパニーの創業に携わり、東証1部上場を経験。クラウドファンディング事業やトラベルテック事業などの新規事業の立ち上げや事業拡大を牽引。2020年1月、株式会社between the artsを起業。自身のアートコレクターとしての実体験を元に、アート作品の管理、保管、流動性に関する問題点を解決するため、日本初のアート管理サブスクリプションサービス「美術倉庫」を展開。歴史の長いアート・美術業界にテクノロジーをもたらし、日本のアート市場拡大への貢献を目指す。

TRiCERAで受賞歴のある作家特集 Vol.1

創立から2年、TRiCERAには120カ国以上の国々から、 4,000人以上の作家がアーティストとして登録をしています。 今回はTRiCERAに登録している作家の中から3名の受賞歴のあるおすすめ作家を特集。 中島健太- 販売中の作品 (Anonymous - Print ver, W 50 x H 20 x D 0 cm,Print) 作家コンセプト 1984年、東京都に生まれる。大学で油絵を学びながら、3年目にプロデビューを果たしました。以来、500点を超える作品はすべて完売。商業的に成功しただけでなく、日本で最も重要な美術展である日展で、その繊細な技術が評価され、2度の特別賞を受賞している。作品制作だけでなく、テレビメディアのコメンテーターとしても活躍するなど、その活動は多岐にわたっています。いかにアートに親しんでもらうか」をコンセプトに、アートと日常生活の解離を解消し、両者の調和を図ることを目指している。 経歴 1984年、東京都生まれ。 大学3年生の時にプロデビューし、これまでに500点以上の作品を制作し、そのすべてが完売している。 繊細で洗練された技術と、温かみのある人間味あふれる作風で、オンリーワンのアーティストとして高い評価を得ている。 20代で日本最大の公募展である日展で特別賞を2度受賞。その作品は、昭和の伝説的芸術家・小磯良平氏と並ぶ記録として注目されている。 また、TBS「NEWS23」やテレビ朝日「白い美術館」など、「売れっ子画家」としてテレビでも紹介されています。 TBS「NEWS23」、テレビ朝日「白い美術館」、フジテレビ、テレビ東京など、多くのメディアに出演。 TBSの朝の情報番組「グッドラック!」のポスターを制作し、木曜のコメンテーターとしても出演している。 中島健太の作品一覧はこちら Zeng Chao- 販売中の作品 (Self Portrait 3, W 46 x H 53 x D 4...

IKU→ 個展|「エゴサーチの定理 = ?」バーチャルギャラリーの公開

現在TRiCERA MUSEUMにて開催中(2021年8月28日(土)〜9月11日(土))の、アーティストIKU→の個展「エゴサーチの定理 = ?」 バーチャルギャラリーを公開 今回の個展ではIKU→による40点以上の新規作品を新たに公開、 3D空間での新たな鑑賞体験をお楽しみください。 下記画面の再生ボタンを押し、作品横のボタンを押す事で、各作品ページに行き購入する事が可能。 実際に会場で作品を体験されたい方は、 IKU→ 個展|「エゴサーチの定理 = ?」にぜひご来館ください。 イベント詳細ページはこちらから バーチャルギャラリーの作品はTRiCERAで扱っています

Quick Insight Vol.11無気力な少女たちを通して、現実における既存の意味をリセットしていく日本人アーティストmamoruが描く、物憂げな並行世界。

mamoruは無気力な少女たちを中心に、日常的でありながらどこかズレたシチュエーションをキッチュに描く。イメージを補足するように登場する言葉たちは、それ自体にメッセージ性はなく、無意義なフレーズもしくは画面を構成するための記号である。彼の作品に登場する無気力さや、無意義さなどは既存の価値を無視あるいは、リセットしようとしているようだ。 今回は、意味、価値、結果、理論などが求められる現代において、そうした社会的な有意義性からエスケープする彼の自由な視点とそのさきに広がるもう一つの世界に迫る。 制作を始めたきっかけはなんでしょうか。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、緊急事態宣言やロックダウンがあり、家にいる時間が多くなりました。その時に家にいてやる事がなくて、いっちょ久しぶりに絵でも描いてみるかという事で始めました。 もともと美大に通っていたので絵は描いていました。 そもそも、美大に入ったきっかけも、絵を描くのが好きだったからです。でも、もとは大学に行こうとはおもってなかったんですよ。高校受験も推薦で入ったし、初めは大学に行こうなんて考えもしなかった。でも、美大は国語、英語と実技だけでいけるって知って、その時社会にまだ出たくないという思もあって、美大を受験したんです。 美大を卒業してからはCM制作会社に入社しました。私が就活をしたのは3/11があった年だったので、就職には苦労しました。結局、夏頃動き始めて3年間働き、その後、芸能事務所のマネージャーに転職して、今は、大阪で結婚指輪を作っています。 イラストを描き始めてからは、いくつかイラスト制作の依頼もあり、それらを断らずに制作してきた結果、法人の依頼を受けて、仕事が広がるきっかけにもなりました。そういった中で、海外からのお問い合わせもあって、TRiCERAに参加しました。 物作りをしたり、絵を描いたり、何かを生み出すというのが好きだからというのもあるけど、 承認欲求が高いように感じていて、インスタをやってるのですが、そこにイラストを投稿すると、いいねとかをもらえるんですね。それはわかりやすく、他人からいい評価をもらえてるという実感につながるんです。 現在の制作のテーマについて教えてください。 女の子を描いていくという事がテーマになっています。ぼーっとしていて、なんとなくクスっとしてしまうような女の子。ただ、表情を描く事が苦手だし、伝えたい事や強いメッセージが自分の中にあるわけでもないんですよね。だから、感情を強く表現するといういうよりはあえて無表情にしてる。見た人の想像をかきたてるように。 《dechi, H 30cm x W 30cm x D 3.7cm, Canvas Print, 2021》 作品詳細はこちら かわいい女性というアイコニックなモチーフについて、なぜ「無気力」な女性を描くのでしょうか。 さっきも少し話しましたが、大元は描けないからですね。笑顔を描くのは難しく感じます。本当は笑顔はしわがよったりするけれども、イラストでリアルに表現をしようとすると、うまく描けない。ちょっと気持ちわるくなったりするんです。だから、表情やそういったものがないということを一つの方向性としてやっていくことにしました。 《Floating, H 30cm x W 30cm x D 3.7cm, Canvas Print, 2021》 作品詳細はこちら 日常的な設定ながら、少し視点をずらしたような設定を描いているものが多いように思いますが、シーンの設定についてこだわりや意図があるでしょうか。 やっぱり、見てる人が面白いなと思うことが大事だと考えています。そのために、色々な資料を集めながらやっています。ポーズとか服装とか、髪型とか。そういったものを見ている中で、このイメージにマヨネーズを足したらおもしろいかもとか、いろんなアイデアを出していくんです。 あとは、インスタグラムでハッシュタグを調べたりもしますし、それを利用したりもします。誰も使ってないハッシュタグを使ったり、フォロワーさんが違うハッシュタグをコメントしてくれたりすることもあります。 例えば、《mayonnaise forever》(2021)という作品は、「ずっと真夜中でいいのに。」というアーティストがいるのですが、それを略して「ずとまよ」というらしいんです。 こうしたパロディー的なところが僕の作品にはあって、インスタに投稿した《The...

Most Read