星期日, 2月 28, 2021
Home News 纺纱画画--三位艺术家的纺织之路

纺纱画画–三位艺术家的纺织之路

将纺织品的有机质感融入到作品中,有时可以将纤维在我们生活中发挥作用的服装的历史背景带到作品中。材料有亚麻、棉花、羊毛等多种,每种材料都有自己的故事,比如丝绸与社会问题有关,比如古代丝绸之路的开端,近代香港的纺纱厂中,妇女起到了主导作用。

另一方面,如果让我关注作品的物质魅力,那就是特别是质感。经过百余年来因工业进步而导致的服装批量生产,刺绣、手工织品越来越受到人们的欢迎,在艺术上也越来越受到重视。本文将介绍三位将纺织品应用于艺术的艺术家。

Shogo Miyasaka

重新开始”公交车站
“35×35厘米
缝制场景
01923.3 x 68 cm.
缝制场景
01358 x 19 cm

有关艺术家的更多信息,请点击这里

Asumi Asama

新传教士
22×27厘米
启蒙
33 x 33 cm
Marilyn Bonneau
36.5 x 44厘米

有关艺术家的更多信息,请点击这里

Liberty Worth

怒放的花朵 – 洞察力
53 x 61 cm
怒放的花朵 – Protea Honeygrow
41 x 41 cm
.
龙舌兰花 – 龙舌兰
15 x 15厘米

点击这里获取更多关于艺术家的信息

Shinzo Okuokahttps://www.tricera.net/
1992年生于日本东京。 大学学习印度哲学后,在出版公司担任艺术杂志和神龛杂志的副编辑,参与杂志和书籍的策划和编辑工作。 同时,他还负责开发日本第一家专门从事当代艺术的跨境电商网站,管理艺术家,并推出公司自有媒体。 同时,他还负责开发日本第一家专门从事当代艺术的跨境电商网站,管理艺术家,并推出自己的自有媒体。

Most Popular

You Might Like

当代艺术能不能成为一个游乐场?

"现在是玩的时候"东京现代艺术博物馆     长大后,有人告诉你,不要再玩游戏了,不要再和玩具、朋友玩了。成年后,你可能会发现自己在重复同样的事情,并问自己这些问题。我们可能会想这样的事情:"我是应该停止和哥们儿一起玩,还是应该更加努力学习,更加努力工作?   是的,生活从来都不容易。每个人、任何时候都是如此。那么,什么时候才能有时间好好地"玩",什么时候才能真正地喜欢上玩什么呢?你需要工作和学习的时间,但不要低估游戏时间的重要性。因为游戏时间可以让你有机会看到自己和世界的新价值。   那么,你是如何看待当代艺术的?当你去博物馆或美术馆的时候,你觉得这是一个玩的时间吗?如果不是,您是否认为当代艺术是一个困难的课题,需要更多的研究和发现?不管你怎么看当代艺术,有人说它很难。   东京现代艺术馆正在举办名为"Time to Play Now"的展览。本次展览的设计,不仅让孩子,也让大人享受到当代艺术的"游戏时间"。     本次展览展出了6位艺术家和艺术家团体的作品,他们分别是:Yoshiaki Kaihatsu、Kazuhiro Nomura、Team Hamburg、Tanotaiga、TOLTA和Usio。每件作品都是游客可以参与的游戏。一进入第一个展室,就会看到一个巨大的柜子覆盖了整面墙。除了规模过大,柜子也很抢眼,因为它是一面巨石攀岩墙。参观者可能会被作品所吸引,但柜门却通向另一个展室。作品看似幽默风趣,但据艺术家海发义明介绍,这面"考试墙"其实是对考试压力和紧张的一种表达。       另一件有趣的作品是Tanotaiga的《Tanonymous》,Tanonymous是一件用无数面具覆盖整面墙的作品。众多的面具,以艺术家毫无表情的面孔为基础,由观众从参与式的工作坊中逐渐变成各种面孔。在工作坊中,观众用博物馆准备的材料自由装饰素面面具。最终,所有这些不同的面孔都将作为"Tanonymous"的艺术作品展出。   艺术家谷田贺在他的艺术作品中基本探讨了社会制度和价值观,并探讨了大众媒体和标准化符号在我们日常生活中的力量。作品名称"田野伊玛苏"是艺术家的名字"田野加"和"阿尼姆斯"的复合词。通过他的作品,艺术家批判性地审视了标准化的社会和弥漫在当代社会的匿名性。通过让观众随心所欲地装饰面具,观众最终同时成为观众和创作者。在博物馆里同一张面孔逐渐变化成各种面孔的过程中,艺术家似乎想传达自己的思想。   和朋友玩耍,玩玩具,任何一种玩法都能给我们充电的时间。艺术家通过展览表达了与社会相关的主题,展览和博物馆也成了游乐场。在当代艺术成为游乐场的意义上,我们可以说,它是值得看(玩)展览的。观众的参与成为作品的一部分,在某些情况下,观众的游戏痕迹可能会作为作品的一部分保留下来。   东京当代艺术博物馆将举办"现在是玩的时候"展览,展期至2019年10月20日。除了参与性的艺术作品,还有相关的项目和工作坊,观众可以和艺术家一起玩耍。更多详情和信息,请访问https://www.mot-art-museum.jp/en/exhibitions/time-to-play/。     文章作者:Jeongeun Jo生于韩国,现居日本。她是毕业于东京艺术大学大学院美术系的TRiCERA成员之一。她自己也是一位艺术家。

艺术家在城市中进行实验。

从大分县南部的别府站步行即可到达别府车站,在别府站前市场内有一个艺术空间。它的名字叫"源氏"。这是一个由居住在县内的艺术家畑直之经营的实验性艺术空间。 "源氏"是由三位原居住在大分县的艺术家组成的艺术团体。三位成员分别是东野广明、铃木孝典和畑直之,但另外两人在搬家时离开了这个团体。在GENJITSU的成员发生变化后,羽田决定改变从艺术团体到艺术空间的道路,重新开始。 "最重要的是展示我们的作品,提升自己。我们希望邀请其他国家的艺术家来尝试他们的作品。另外,地理位置也很重要,我认为位于商圈的位置是合适的。比如,路过的人和对面的店铺都会看到你。他们想知道,我们要重视由此而来的交流。我想这是我们的一个实验,也是这个城市的一个实验。" 所以说,小鸠,现在是唯一的成员。他的目标之一是将艺术带入更广泛的框架,就像日常生活一样。"GENJITSU既是一个艺术空间,也是一场运动。 Instagram: https://www.instagram.com/genjitsu_art/?hl=j

“我想画一幅新的画。”

加藤浩介是一位自学成才的艺术家,他是热衷于学习和研究艺术史和当代艺术的年轻人之一。他的作品是通过对场景中的视觉信息进行分解,以景观为参照物,将其转化为几何图形进行创作。他对绘画背后的故事和创作过程很感兴趣,并始终牢记"绘画的初衷是什么?"这一命题,表现出一种推陈出新的绘画态度。 首先,请您介绍一下您的画作。 我的作品主题是风景。我不只是画风景,我把视觉信息分解,用几何图案代替。我的灵感来自劳拉-欧文斯。我之所以开始画风景,是因为我想画大画。对象越大,就越能代表这个对象的整个世界。另外,景观的信息量大,容易分解再整合。 野岛,91×91cm 你从一开始就在画风景吗? 不是,一开始我画的是写实主义和极简主义的结合,我23岁开始画画,我的风格很简单,我觉得写实主义的画卖得挺好,如果和日本的和风文化结合起来,就会卖得很好。但我在探索不同的东西时,我觉得用自己喜欢的形式去创作会更好,所以我开始研究当代艺术的历史和场景。我去了东京的很多博物馆,也看了很多艺术方面的书来获取知识,2019年左右我开始以自己的风格画风景。 当你创作作品时,对你来说什么是重要的,是艺术的背景还是你自己的思想和感受? 我认为要创造新的东西,你需要了解传统和历史,所以我更注重传统。我想,知旧的风格有助于我创造新的画风。我想做一个画家,同时我也想在做新画的背景下。 雪景,194×162cm 你是如何看待新事物的? 也许新不是一个正确的词,但我认为立体主义很有趣。立体主义是抽象的,但我认为它的本质目的是图像的再整合。从这个意义上说,我认为这和我的绘画方式很相似,但也许我在用不同的图像工作。 你当初为什么决定成为一名艺术家? 我喜欢画画,但我不认为自己有什么特别的天赋,也从来没有得到过别人的称赞。这一切都源于我高中的美术老师给我看了很多美术书。其中有一本是杰克逊-波洛克的书,我印象非常深刻。我的出发点是我对绘画的好奇心。 笨拙的树,91×117cm 你对未来有什么打算? 我在2019年开始了一系列的风景作品,这再次确认了我的重点是制作过程。我对绘画是什么以及它对绘画史的启示很感兴趣。另一个重要方面是当代性。我们生活在一个人人都在网上搜索一切的时代。我认为从社交媒体上提取图片并将其纳入我的画作中会很有趣。我想在继续追求绘画的同时,结合当前时代好的方面。

C-DEPOT: 日本現代美術ユニット

C-DEPOTは、70~80年代前後に生まれた同世代の日本の若手アーティストによって結成されたアーティストグループです。絵画、立体作品、メディア、映像、音楽など様々なジャンルの作品を制作しています。グループの拡大を目指して、他の才能ある若手アーティストを発掘し続けています。C-DEPOTの発起人の一人である金丸雄二氏は、グループを立ち上げるまでの経験をこう語る。過去17年間、彼はグループの運営に携わり、活動を続けてきました。彼は挑戦、成功、様々なプロジェクト、そしてC-DEPOTの将来について話してくれました。 Contents C-DEPOT の起動 C-DEPOTのメンバー 展示会の経験 方向性の変更 グループの概念 未来を見据える C-DEPOTの起動 Q: C-DEPOTを始めた時に、他にも身近なアーティストグループはありましたか? A:アーティストグループで活動している人は何人か見かけましたが、C-DEPOTのような大規模なグループは昔からなかったと思います。C-DEPOTみたいなグループがあったら入ってたかもしれないけど...。 Q:自分のグループはどのくらい成功したと思いますか? A: 2002年はちょうどインターネットが普及し始めた頃で、私はこれを新しいチャンスだと思っていました。しかし、いざインターネットを使った新しい動きを始めようとすると、技術的な問題が出てきて、なかなか実行に移すことができませんでした。そこで、展示会をメインにしようと考えました。 Q:C-DEPOTは最初の5年間でどのように変化しましたか? A:2012年までは、横浜赤レンガ倉庫と表参道のスパイラルで毎年交互に展覧会を開催していました。2012年はグループを立ち上げて10年目だったのですが、このまま年に一度の展覧会を続けても、これ以上の機会があるとは思えなかったので、一旦終了することにしました。前回の展覧会は、同時期に両会場で開催されました。この間に人数を増やして、両会場を予約し、最後に花火を打ち上げました。その後、企業との距離を縮め、コラボレーションする方向にシフトしていきました。自分たちの好きなように展示会を開催するのではなく、依頼を受けるようになりました。そうやって依頼をしていくうちに、企業からの支援も増えていきました。しかし、企業からの経済的な支援はあっても、展示会の費用を賄うには十分ではありませんでした。最終的には、展覧会の費用は作家が負担することになりました。できれば、アーティストが経費を負担しなくてもいいような素敵な会場でショーをしたいと思っています。 C-DEPOTのメンバー Q:様々なジャンルのアーティストを招聘しているのが面白いですね。 A:そうですね。私は東京芸大のデザイン科で学んでいました。このデザイン学科は、統一された学科ではなく、ミニ大学のような感じで、よくミニ芸大と呼ばれていました。大学には様々な学科があるのが一般的ですが、東京芸大のデザイン学科は、様々なメディアで活躍する学生がいることで、揶揄されていました。デザイン学科はデザイン学科ではないという意見もありました。高校生の時に芸大の卒業制作展を見て、この学科が一番面白いと思って勉強したいと思ったんです。いろんなジャンルのアーティストが集まったグループ「C-DEPOT」の構想は、この学科がいろんな媒体を受け入れてくれたことがきっかけだったと思います。 Q: グループ内でメンバーはどのように影響を与え合っているのですか? A: グループで仕事をすると、競争意識が生まれます。例えば、メンバーは他のメンバーが次に何を作っているかを気にして、自分の作品よりも大きな作品を作りたいと思っているかもしれません。このような競争心は、モチベーションを高め、相乗効果を生み出し、メンバーが作品を作り続けようとするきっかけになります。また、他のアーティストとのつながりを感じ、新しい作品を共同制作することもあります。良い意味でお互いに影響し合っていると思います。 Q: グループを運営していく上で苦労したことは何ですか? A: 少人数で大きなイベントをやるのは大変なことだと思います。でも、グループを継続させることも大変だと思います。グループを継続させながら、単調にならないように、マンネリ化しないように気をつけなければなりません。年を重ねるごとにメンバーの考えやアイデアが変わっていくこともありますし、難しいこともあります。時間が経つことで芸術的な技術が成熟していく一方で、衰えていく部分もあります。長年グループを続けていくことの難しさを経験してきたような気がします。C-DEPOTを始めてから15年が経ちましたが、どうすればモチベーションを維持できるか、メンバーがリフレッシュして活動できる環境を作るためにはどうすればいいか、ということを常に考えています。 Q: C-DEPOTに参加するアーティストの魅力は何ですか? A:メンバーそれぞれがそれぞれの芸術の形を持っていて、その中で技術を磨いているのですが、一つの芸術の形だけに集中してしまうと、アーティストの視野が非常に狭くなってしまいます。そんな時に、他のジャンルのアートを見たり、違う考え方をしたり、他の美に感動したりすることで、自分や作品を客観的に見ることができるようになります。こういう考え方もあるんだ」とか「こういうのも美しいと思うんだ」とか、そういうことに気づくことができます。価値観が違っていても、言葉が違っていても、アーティストだからこそ理解できる。根本的なところで他のアーティストとつながることができるのが楽しいですね。 展示会での経験 Q: 2012年までに、どのような観客が来場したのでしょうか? A: 人が多く訪れる人気のある2つの会場を選びました。もちろん自分たちの展覧会は自分たちで宣伝したのですが、横浜赤レンガ倉庫もスパイラルもどちらにしても人が来る場所です。特にスパイラルはカフェも併設しているアートコンプレックスなので、新しい動きやトレンドを意識している人が見てくれたのだと思います。また、アート雑誌にも広告を出していたので、アート関係者にもアピールできました。また、グループのメンバーが個人的に知人にメールを送ったりもしていました。   Q: 展示会の印象的だった点を教えてください。 A: プロジェクトのオファーを受けたり、インタビューを受けたり、テレビで取り上げられたりしました。 このような小さなことが起こり、今になって振り返ってみると、私たちの展示会がネットワーク化され、グループのことを広めてくれていたことがわかります。下地としての活動があったからこそ、信頼され、現在では受託の機会を与えてくれています。 方向転換 Q: 2012年以降はどうですか? A: 私たちの作品を販売したいと思っていたので、値札をつけて展示することを発表して、購入を促進したいと思っていました。それに伴い、アーティストを中心としたアートフェアができたらいいなと思っています。デザインフェスタやGEISAIのような規模のアートフェアを想定していたのですが、なかなか実現できませんでした。その代わりに、2014年には渋谷西武百貨店の8階で大規模な展覧会を開催しました。2012年以降、これまでの取り組みがまとまってきて、渋谷西武百貨店のような大企業とコラボして展覧会を開催するようになって、ようやく結果が見えてきました。 それからは、いろいろな依頼を受けるようになりました。例えば、羽田空港に直結するロイヤルパークホテルができた際には、各部屋のアートデコレーションをC-DEPOTに依頼しました。スイートルームのアートデコレーションとロビーの大きな絵画をC-DEPOTのメンバーが協力して制作しました。ロビーの絵は永久にそこにあり、今でも見ることができます。ホテルの性質と制約の多さは、私たちにとって大きな学びの場となりました。 一方で、汐留のパークホテル東京という別の会社と一緒にやっていたときは、自分たちのやりたいことの自由度が高くて、1年に4回、それぞれ2週間から3週間の展覧会をやりました。1年間で4回、それぞれ2~3週間の展示会を行いました。ホテルのテーマが「日本の美」ということで、日本の四季をテーマにした展示を行いました。 また、2011年には六本木のカフェ「RANDY」の内装を1年かけて制作しました。2ヶ月ごとにテーマを変えて作品を変えたり、アーティストの個展をやったりしていました。自由度が高く、作品には値札をつけて展示して購入してもらいました。カフェのお客さんが「次は何を展示するんだろう」と興味を持ってくれるようになったのが面白かったですね。残念ながら、このカフェは2018年に閉店してしまいました。 2013年より、豊島区に人を呼び込むことを目的に、駅西口で開催されているアートイベント「新池袋モンパルナス西口展」に参加しています。池袋モンパルナスと呼ばれるこのエリアには、C-DEPOTのオフィスがあります。大正時代末期から終戦時には、画家の熊谷守一や小説家の江戸川乱歩などの若手作家が集まり、芸術活動を行っていました。この文化的な歴史をアートで浮き彫りにしようというのがこのイベントです。このイベントは13年続いており、C-DEPOTが関わって特別企画を行っています。 例えば、ある展覧会ではこけしがテーマになっていました。宮城県のこけし職人の弥次郎さんが木でこけしを作り、作家が絵を描くというもので、宮城県と豊島区の交流を深めるためのものでした。宮城県と豊島市の交流を深めるためのもので、こけしの売り上げの収益は東日本大震災の復興支援に寄付されました。また、市内各所に様々なアート作品を設置しました。 街中の公園や消防署、証券会社の窓にアートフラッグを設置しています。 その他にも、会社のオフィスのアート装飾など、様々な仕事の依頼を受けています。これらの活動で利益を上げているわけではありませんが、私たちを取り巻く状況は変わってきていると感じています。企業がアートを必要としている、最近では企業がビジネスやイベントの差別化のためにアートを求めるようになってきていて、これはとても良いことだと思います。お客様は、「私たちはいろいろなアート作品を作れるし、何かお役に立てるのではないか」という期待を持って、C-DEPOTに問い合わせてきてくれます。徐々に知名度が上がってきたこともあり、プロジェクトの合間を縫って休むことなく依頼を受けるようになりました。海外で作品を発表する方法を常に検討してきましたので、今回のTRiCERAに参加させていただいたことに感謝しています。 最初の5年間はグループを立ち上げたばかりで、社会的に認知されていなかったので、いろいろなリスクを冒して、いろいろな実験をしました。今では30代、40代になったメンバーもたくさんいます。これまでの努力が実を結び、アーティスト一人一人が、そしてグループ全体が本当に成長してきたと思います。もちろん今でも問題はありますが、経験を積んでいるからこそ、トラブルを回避したり、問題を解決したりすることができるのだと思います。 グループのコンセプト Q:「地域に密着したアーティスト集団」というコンセプトは変わりましたか? A:いいえ、コンセプトは変わっていません。むしろ、コンセプトは現実のものになりつつあると思います。ただ、「もっと欲しい」という課題はあります。メンバーはもっと良いステージを望んでいたり、もっと良い結果を見たいと思っているので、次のステップをどうしたらいいのかを常に考えています。 Q:「地域に密着したアーティスト集団」とは、街中でアートを実施したり、アートイベントを開催したりすることですか? A:日常生活のいたるところにアートがあることを目指すことが大切だと思います。日常的に行くところにアートがあったらいいなと思います。また、私たちはアーティストの集まりなので、どうすればアーティストが継続的に作品を作れる環境を作れるかを常に考えていて、それを実現できるように努力しています。   私のような絵描きの場合は、先人が道を切り開いてくれたからこそ、プロの絵描きになって生計を立て、自分の道を切り開いていくことができているわけです。しかし、メディアアートや立体美術などの新しいジャンルの作品を制作しているアーティストにとっては話は別で、そもそもアーティストの作品は売るものではなく、体験するものです。だからこそ、アーティストが継続的に作品を作り続けて生計を立てられるような機会を作っていきたいと思っています。それがとても大切なことだと思っていますし、C-DEPOTがそのような機会が生まれる場所になるようにしたいと思っています。 そのため、作品の売上を上げることに力を入れているのはもちろんですが、アートを提供するということは、パフォーマンスを提供したり、様々なイベントにアートを提供したりと、様々な形で提供できると思っています。そのため、アーティストの得意分野に合わせた様々な企画を企画して、地域との絆を作っていきたいと思っています。 最近は、子供向けのワークショップでも、ワークショップをしてほしいという要望が多くなってきました。子供に文化教育を体験させたいという親御さんが増えているように感じます。 妻でさえ、子供たちを連れて行くために、こういったワークショップを探しています。従来の絵画教室に通うというよりも、ユニークなジャンルのアートに魅了されているようです。 C-DEPOTでは豊島区と連携し、毎年夏休みに5日間のワークショップを開催しています。子供たちへの美術教育はとても大切なことだと思うので、そのために何か貢献できないかと考え始めました。私たちのワークショップはとても人気があり、広告を出さなくても多くの人が申し込みをしてくれます。このようなワークショップの需要は非常に高いことがわかりました。 未来を見つめる Q:今後のビジョンを教えてください。 A: C-DEPOTはウィーン・セセッシオンをモデルにしています。ウィーン・セセッシオンには「セセッシオンビル」という建物があり、そこで展覧会を開催していました。メンバーが集まっていろいろな活動ができるような大きなアートセンターができたらいいなと思っています。 Q:TRiCERAに期待することは何ですか? A: 質の高いアートを提供したいと思っていますし、結果が出れば、もっと積極的に活動してくれるメンバーが増えると思います。多くのメンバーがいる中で、継続的に活動している人は半分くらいです。実績があっても今は活動していない人たちにも参加してもらい、自分が得をしていると感じてもらえればいいと思います。そのためにも、海外に向けての活動は非常に魅力的だと思います。 もっと見るC-DEPOTの芸術 (A-Z) Aran YasuokaAsuka TsutsumiCorsicaDaisuke...

远处的风景,近处的心

不管各自的立场如何不同,对山水画的看法一般都停留在"画出山水来"这一点上。 本文介绍的樱井麻衣、田野绫香、尼尔等人的作品,在物理意义上与真实的风景有距离,但在画面上展开的画面却伴随着他们的情感,获得了一种全新的形式。 艺术家细腻地解读着生活在山水中的事物的情感、记忆、征兆和痕迹,并将它们与他们的思想运动和内心现实混合在一起,创造出一种新的景观,这种景观不是现实的复制,而是与艺术家的目光交织在一起。 樱井朝日(1996-, 日本) 时间的变化(正午)19 x 33.3cm画布丙烯25,000日元。 点击这里查看作品 变化的时间(夜)19 x 33.3cm,画布丙烯25,000日元。 点击这里查看作品 海岸(宽)22 x 54.6cm,画布丙烯45,000日元。 点击这里查看作品 Neil Tomkins(奥地利) 蓝房子36 x 46cm,画布丙烯165,000日元。 点击这里查看作品 蓝色灯塔140 x 171cm,画布丙烯473,000日元。 点击这里查看作品 火树街95 x 89cm, 压克力画布308,000日元。 点击这里查看作品 忠野绫香(1992年至今,日本) 融化的太阳63 x 55cm 木板、日本纸、矿物颜料128,600日元 点击这里查看作品 还在旅途中》35 x 50cm 木板矿物颜料 日本纸68,500日元 点击这里查看作品 倒影之夏34.5 x...

Don't Miss

宠物变成了画

 动物过去不过是食物和工具。现在,每天都会给人类治病。  日文的英文有一个词叫"Animal Therapy"。是指通过与动物的接触,减少内在的压力,恢复心理健康的做法。虽然学术上的证据不多,但生活在现代日本这样一个宠物重地的国家,人们对与动物接触的积极作用是毋庸置疑的。  有趣的是,很多人在视频网站和社交网站上观看别人的宠物。这不是为了娱乐,而是为了治病。单看这情况,似乎即使人类是虚拟的动物,也可以进行动物治疗。  本文探讨的是拉斯科和阿尔塔米拉洞窟壁画中所描绘的动物与艺术的关系,据说这两幅壁画是艺术的开端。 英加-马卡洛娃 / 英加-马卡洛娃。  Inga Makarova是一位艺术家,她的作品涉及的动物范围很广,从典型的宠物动物如狗和猫,到危险的昆虫如蜜蜂,以及外来动物如变色龙。她善于抓住每一种动物的生物特征,提取与人类文化的共同点。  狗经常被描绘成图案,也许是因为马卡洛娃对狗的情感依赖。色调鲜艳毒辣,但她对狗的喜爱却表现在小小的身躯上,有些可爱。 有关艺术家的更多信息,请点击这里 Airi Kumori  熊森是另一位对动物有深刻洞察力的艺术家。  然而,除了马卡洛娃对动物的宠爱凝视,抽象的程度也更上一层楼,这或许是因为在他的脑海中正在进行着对动物形态的解构。  他巧妙地运用复杂的几何线描与简化的图案、静态与动态的形象的二元对立,描绘了以动物为基础的动物和神灵。日本人在日常生活中遇到的各种动物,经过改造,时而琅琅上口,时而惊恐万分,每个动物的特点都被夸张地表现出来。  值得一提的是,艺术家还把通常被认为是无意识的动物,当作和人类一样具有明确意识的生命,以创造一种人物形象。在西方也能看到动物的特征,但即使在这方面,日本人特有的夸张的面部表情和奔放有力的笔触,也让人联想到鸟兽的漫画。 有关艺术家的更多信息,请点击这里 Yuko Hizume  有的艺术家采取与以上两位艺术家不同的方法来画动物。胧胧就是其中之一。  胧胧描绘了身着经典日式和西式时装的智慧、野性、坚强的女性之美。两侧是我们很少能直接看到的动物,如老虎、仙鹤、汪星人等。据说,这种画风是来自于对母亲和动物的感恩之情。  图案中的两位女性都有着端庄的外表,她们的精神力量隔着屏幕向我们袭来。而动物正是作为一种媒介,通过它向我们传递这种灵性的功能。老虎更增添了力量,而蜥蜴则加速了女性不羁的印象。  纵观希泉的作品,我们可以共同感受到自然人与动物的形象,两者之间的关系会在观者心中得到重申和重新思考。 点击这里查看艺术家的详细信息  由于宠物热潮空前高涨,2003年家中饲养的宠物数量超过1900万只,超过了15岁以下儿童的数量。动物不仅仅是食物和工具,而且越来越有机地融入人类社会,如何对待动物这个问题,答案或许就在艺术之中。

菊竹雄鹰画廊展览”我想要一颗钉子”的评论。

装置视图,Nerhol《因为想要一颗钉子》,2019 ©️Nerhol。 照片:山中新太郎(Qsyum! 菊竹丰画廊提供。 6月6日至7月13日,菊竹优人画廊隆重推出艺术家二人组作品展"为了想钉子"。 奈尔-霍尔是由两位日本年轻艺术家田中义久和饭田龙太组成的艺术家二人组,始于2007年,当时田中和饭田就如何提出和分享当代社会的问题进行了讨论。他们从2007年开始合作。 今年在菊竹丰画廊举办的展览,将展出以大分县别府市为灵感的作品。去年夏天,内尔-霍尔参加了在别府举办的名为"KASHIMA"的居住项目。在这个项目中,她研究了日本最著名的温泉胜地之一别府的历史,从明治初期到第一次世界大战和第二次世界大战的历史。 内尔-霍尔的研究范围从别府人的口述历史到当地的资源和温泉的自然环境,以及伴随着历史发展而来的文化方面。 研究成果以13幅作品的形式展示在葵之家、别府公园以及他居住的商业设施的墙壁上。此次在东京Yutaka Kikutake画廊举办的展览中,我们还将展出上述作为东京项目而构思的新作品。新的作品也是基于在驻地进行的研究。 装置视图,Nerhol《因为想要一颗钉子》,2019 ©️Nerhol。 照片:山中新太郎(Qsyum! 菊竹丰画廊提供。 他们作品的有趣之处在于,每一部作品都有自己的故事。比如,《金先生的肖像》是我与当地一位金先生的对话所得到的灵感。金先生的肖像》背后的故事是这样的向尼赫鲁讲述了在朝鲜战争中当兵的人,回国后开韩国烧烤店的故事,以及二战后移民日本的朝鲜人在日本生活的故事。这部作品的诞生,是因为聆听了在日本的韩国移民的故事,他们现在已经成为当地人,让我们感受到不同背景的人的历史和生活。 装置视图,Nerhol《因为想要一颗钉子》,2019 ©️Nerhol。 照片:山中新太郎(Qsyum! 菊竹丰画廊提供。 野豚"和"节拍器"的灵感来源于别府动物的故事和经历。尼赫鲁听说别府的河流中居住着热带鱼,便到堺河下游寻找瓜皮鱼,结果找到了。虽然石斑鱼原产于南美洲,但它已经成为当地的一种鱼类。豚鱼已经适应了环境的变化,看起来更像一条鳉鱼,但它的腹部仍然有着热带鱼特有的鲜艳。此外,通过《节拍器》,Nelhole还将个人经历与当地动物的记忆结合在一起,当我去看高崎山的野生猴子时,那里有1200多只猴子,我看到父母猴子在它们死后的几个星期里都在背着和抱着它们的小猴子。我很惊讶。这种行为是由于没有接受这种情况。在回家的路上,内尔霍听着与猴子心跳节奏相同的节拍器安静的声音,他回忆着猴子的行为。 ...

时间的形状–齐藤拓海、SAMHOSHI、东真奈美、林加奈宇、野泽谅的群演–。

TRiCERA欣然宣布,将于12月19日至2021年1月19日期间,举办斋藤拓实、Samehoshi、东真美、林加奈武、野泽谅五位艺术家的多幅作品联展。     关于本次展览   本次展览的名称取自艺术史学家乔治-库布勒(George Kübler,1912-96)所著的《时间的形状:事物的历史备注》(The Shape of Time:Remarks of History of Things),在解读参展艺术家的作品和活动的同时,也关注了围绕在艺术作品周围的时间。此外,展览还将采用二维媒介之一的印刷术作为观赏体验的提案。   在各个艺术领域中,绘画与版画往往有着熨帖的关系。与绘画相比,版画通过画材等材料和艺术家的笔触、笔画等物理痕迹,具有复杂的信息和结构,版画的功能就像记录一样,将画面提取出来,固定在纸上。   绘画作品随着时间的推移,自然会被划伤、磨损,像融化的冰块一样慢慢磨损。这个事实提醒我们,绘画是一个平面的物体,同时也给我们带来了一个新的欣赏角度,绘画是一种材料,而印刷品是一种媒介,除了作品的物质性和物理性之外,更忠实于图像的记录和传递,各自有不同的时间流动方式。   除了指与艺术作品相关的时间,本次展览还将尝试从时间的角度解读参展艺术家的表达现状。   斋藤拓海在风景中描绘了童年的自己,让他想起了随着年龄增长而消逝的情感。在她的作品中,在一个画面上描绘了现在和过去两种时态,时间的不可逆进展和与之相关的感伤被丰富而安静地叙述出来。   三越在一个女孩的畸形面孔上描绘了不同载体的衰败与生成。本次展览的作品,除了上述的矛盾性特征外,还通过砸蛋糕的方式来探索可塑性崩溃的新方面。   阿兹玛以二条人偶和玩具为主题,通过旋转的运动将时间限制在画布上,进行实验性的绘画创作。他继续用一种视觉语言来介绍与顺序时间、重复时间和运动中的物体有关的考虑。   此外,林嘉宇还一直在研究飞机的速度主题。虽然绘画当然是一个静态的物体,运动作为一种现象并不会出现在画面上,但她一直在解决静止画面上的速度问题,就像未来派所做的那样。   在她的绘画中,Azusa Nozawa使用了贴纸炸弹,这是一种源自于定制汽车和摩托车的街头文化的技术,在这种技术中,贴纸被层层贴上,直到支撑物的表面不再可见。她的画作中,画面层层叠叠,具有多层次的结构,所包含的时间极其复杂,这也是它们区别于插图的地方,也赋予了它们作为绘画存在的意义。   库伯勒试图分析作品本身的风格和系列的流变,但这次展览却在此基础上进行了拓展,以一种反讽的方式来研究时间的流变和艺术作品的物质特性,展出的不是作为创作行为结果的绘画作品,而是作为这一行为记录的印刷作品。本次展览旨在以一种反讽的方式,让人们思考时间的流动和艺术作品的物质性。我们希望你能享受这个机会,通过艺术家们在纸上静静讲述自己故事的画面来思考绘画本身。     关于参展艺术家       Takumi Saitoh     斋藤1996年出生于东京,2020年毕业于武藏野美术大学日本画专业。他的主要群展包括"daily awa"(Koenji pocke / 2019 /东京)、"雾"(展览空间CLOSET / 2020 /东京)、"ob策展新华社"(Hidari zingaro / 2020 /东京),他的个展包括"温柔"。岁"(新宿眼科画廊/2020/东京)。       点击这里查看斋藤拓海的限量版画作品。       SAMEHOSHI     1997年生于东京。毕业于武藏野美术大学,主修油画,从2016年左右开始用丙烯颜料和钢笔画一个反复折叠成形的女孩。       点击这里查看三越的限量版画。       Hayashi Kanae...

C-DEPOT: 日本現代美術ユニット

C-DEPOTは、70~80年代前後に生まれた同世代の日本の若手アーティストによって結成されたアーティストグループです。絵画、立体作品、メディア、映像、音楽など様々なジャンルの作品を制作しています。グループの拡大を目指して、他の才能ある若手アーティストを発掘し続けています。C-DEPOTの発起人の一人である金丸雄二氏は、グループを立ち上げるまでの経験をこう語る。過去17年間、彼はグループの運営に携わり、活動を続けてきました。彼は挑戦、成功、様々なプロジェクト、そしてC-DEPOTの将来について話してくれました。 Contents C-DEPOT の起動 C-DEPOTのメンバー 展示会の経験 方向性の変更 グループの概念 未来を見据える C-DEPOTの起動 Q: C-DEPOTを始めた時に、他にも身近なアーティストグループはありましたか? A:アーティストグループで活動している人は何人か見かけましたが、C-DEPOTのような大規模なグループは昔からなかったと思います。C-DEPOTみたいなグループがあったら入ってたかもしれないけど...。 Q:自分のグループはどのくらい成功したと思いますか? A: 2002年はちょうどインターネットが普及し始めた頃で、私はこれを新しいチャンスだと思っていました。しかし、いざインターネットを使った新しい動きを始めようとすると、技術的な問題が出てきて、なかなか実行に移すことができませんでした。そこで、展示会をメインにしようと考えました。 Q:C-DEPOTは最初の5年間でどのように変化しましたか? A:2012年までは、横浜赤レンガ倉庫と表参道のスパイラルで毎年交互に展覧会を開催していました。2012年はグループを立ち上げて10年目だったのですが、このまま年に一度の展覧会を続けても、これ以上の機会があるとは思えなかったので、一旦終了することにしました。前回の展覧会は、同時期に両会場で開催されました。この間に人数を増やして、両会場を予約し、最後に花火を打ち上げました。その後、企業との距離を縮め、コラボレーションする方向にシフトしていきました。自分たちの好きなように展示会を開催するのではなく、依頼を受けるようになりました。そうやって依頼をしていくうちに、企業からの支援も増えていきました。しかし、企業からの経済的な支援はあっても、展示会の費用を賄うには十分ではありませんでした。最終的には、展覧会の費用は作家が負担することになりました。できれば、アーティストが経費を負担しなくてもいいような素敵な会場でショーをしたいと思っています。 C-DEPOTのメンバー Q:様々なジャンルのアーティストを招聘しているのが面白いですね。 A:そうですね。私は東京芸大のデザイン科で学んでいました。このデザイン学科は、統一された学科ではなく、ミニ大学のような感じで、よくミニ芸大と呼ばれていました。大学には様々な学科があるのが一般的ですが、東京芸大のデザイン学科は、様々なメディアで活躍する学生がいることで、揶揄されていました。デザイン学科はデザイン学科ではないという意見もありました。高校生の時に芸大の卒業制作展を見て、この学科が一番面白いと思って勉強したいと思ったんです。いろんなジャンルのアーティストが集まったグループ「C-DEPOT」の構想は、この学科がいろんな媒体を受け入れてくれたことがきっかけだったと思います。 Q: グループ内でメンバーはどのように影響を与え合っているのですか? A: グループで仕事をすると、競争意識が生まれます。例えば、メンバーは他のメンバーが次に何を作っているかを気にして、自分の作品よりも大きな作品を作りたいと思っているかもしれません。このような競争心は、モチベーションを高め、相乗効果を生み出し、メンバーが作品を作り続けようとするきっかけになります。また、他のアーティストとのつながりを感じ、新しい作品を共同制作することもあります。良い意味でお互いに影響し合っていると思います。 Q: グループを運営していく上で苦労したことは何ですか? A: 少人数で大きなイベントをやるのは大変なことだと思います。でも、グループを継続させることも大変だと思います。グループを継続させながら、単調にならないように、マンネリ化しないように気をつけなければなりません。年を重ねるごとにメンバーの考えやアイデアが変わっていくこともありますし、難しいこともあります。時間が経つことで芸術的な技術が成熟していく一方で、衰えていく部分もあります。長年グループを続けていくことの難しさを経験してきたような気がします。C-DEPOTを始めてから15年が経ちましたが、どうすればモチベーションを維持できるか、メンバーがリフレッシュして活動できる環境を作るためにはどうすればいいか、ということを常に考えています。 Q: C-DEPOTに参加するアーティストの魅力は何ですか? A:メンバーそれぞれがそれぞれの芸術の形を持っていて、その中で技術を磨いているのですが、一つの芸術の形だけに集中してしまうと、アーティストの視野が非常に狭くなってしまいます。そんな時に、他のジャンルのアートを見たり、違う考え方をしたり、他の美に感動したりすることで、自分や作品を客観的に見ることができるようになります。こういう考え方もあるんだ」とか「こういうのも美しいと思うんだ」とか、そういうことに気づくことができます。価値観が違っていても、言葉が違っていても、アーティストだからこそ理解できる。根本的なところで他のアーティストとつながることができるのが楽しいですね。 展示会での経験 Q: 2012年までに、どのような観客が来場したのでしょうか? A: 人が多く訪れる人気のある2つの会場を選びました。もちろん自分たちの展覧会は自分たちで宣伝したのですが、横浜赤レンガ倉庫もスパイラルもどちらにしても人が来る場所です。特にスパイラルはカフェも併設しているアートコンプレックスなので、新しい動きやトレンドを意識している人が見てくれたのだと思います。また、アート雑誌にも広告を出していたので、アート関係者にもアピールできました。また、グループのメンバーが個人的に知人にメールを送ったりもしていました。   Q: 展示会の印象的だった点を教えてください。 A: プロジェクトのオファーを受けたり、インタビューを受けたり、テレビで取り上げられたりしました。 このような小さなことが起こり、今になって振り返ってみると、私たちの展示会がネットワーク化され、グループのことを広めてくれていたことがわかります。下地としての活動があったからこそ、信頼され、現在では受託の機会を与えてくれています。 方向転換 Q: 2012年以降はどうですか? A: 私たちの作品を販売したいと思っていたので、値札をつけて展示することを発表して、購入を促進したいと思っていました。それに伴い、アーティストを中心としたアートフェアができたらいいなと思っています。デザインフェスタやGEISAIのような規模のアートフェアを想定していたのですが、なかなか実現できませんでした。その代わりに、2014年には渋谷西武百貨店の8階で大規模な展覧会を開催しました。2012年以降、これまでの取り組みがまとまってきて、渋谷西武百貨店のような大企業とコラボして展覧会を開催するようになって、ようやく結果が見えてきました。 それからは、いろいろな依頼を受けるようになりました。例えば、羽田空港に直結するロイヤルパークホテルができた際には、各部屋のアートデコレーションをC-DEPOTに依頼しました。スイートルームのアートデコレーションとロビーの大きな絵画をC-DEPOTのメンバーが協力して制作しました。ロビーの絵は永久にそこにあり、今でも見ることができます。ホテルの性質と制約の多さは、私たちにとって大きな学びの場となりました。 一方で、汐留のパークホテル東京という別の会社と一緒にやっていたときは、自分たちのやりたいことの自由度が高くて、1年に4回、それぞれ2週間から3週間の展覧会をやりました。1年間で4回、それぞれ2~3週間の展示会を行いました。ホテルのテーマが「日本の美」ということで、日本の四季をテーマにした展示を行いました。 また、2011年には六本木のカフェ「RANDY」の内装を1年かけて制作しました。2ヶ月ごとにテーマを変えて作品を変えたり、アーティストの個展をやったりしていました。自由度が高く、作品には値札をつけて展示して購入してもらいました。カフェのお客さんが「次は何を展示するんだろう」と興味を持ってくれるようになったのが面白かったですね。残念ながら、このカフェは2018年に閉店してしまいました。 2013年より、豊島区に人を呼び込むことを目的に、駅西口で開催されているアートイベント「新池袋モンパルナス西口展」に参加しています。池袋モンパルナスと呼ばれるこのエリアには、C-DEPOTのオフィスがあります。大正時代末期から終戦時には、画家の熊谷守一や小説家の江戸川乱歩などの若手作家が集まり、芸術活動を行っていました。この文化的な歴史をアートで浮き彫りにしようというのがこのイベントです。このイベントは13年続いており、C-DEPOTが関わって特別企画を行っています。 例えば、ある展覧会ではこけしがテーマになっていました。宮城県のこけし職人の弥次郎さんが木でこけしを作り、作家が絵を描くというもので、宮城県と豊島区の交流を深めるためのものでした。宮城県と豊島市の交流を深めるためのもので、こけしの売り上げの収益は東日本大震災の復興支援に寄付されました。また、市内各所に様々なアート作品を設置しました。 街中の公園や消防署、証券会社の窓にアートフラッグを設置しています。 その他にも、会社のオフィスのアート装飾など、様々な仕事の依頼を受けています。これらの活動で利益を上げているわけではありませんが、私たちを取り巻く状況は変わってきていると感じています。企業がアートを必要としている、最近では企業がビジネスやイベントの差別化のためにアートを求めるようになってきていて、これはとても良いことだと思います。お客様は、「私たちはいろいろなアート作品を作れるし、何かお役に立てるのではないか」という期待を持って、C-DEPOTに問い合わせてきてくれます。徐々に知名度が上がってきたこともあり、プロジェクトの合間を縫って休むことなく依頼を受けるようになりました。海外で作品を発表する方法を常に検討してきましたので、今回のTRiCERAに参加させていただいたことに感謝しています。 最初の5年間はグループを立ち上げたばかりで、社会的に認知されていなかったので、いろいろなリスクを冒して、いろいろな実験をしました。今では30代、40代になったメンバーもたくさんいます。これまでの努力が実を結び、アーティスト一人一人が、そしてグループ全体が本当に成長してきたと思います。もちろん今でも問題はありますが、経験を積んでいるからこそ、トラブルを回避したり、問題を解決したりすることができるのだと思います。 グループのコンセプト Q:「地域に密着したアーティスト集団」というコンセプトは変わりましたか? A:いいえ、コンセプトは変わっていません。むしろ、コンセプトは現実のものになりつつあると思います。ただ、「もっと欲しい」という課題はあります。メンバーはもっと良いステージを望んでいたり、もっと良い結果を見たいと思っているので、次のステップをどうしたらいいのかを常に考えています。 Q:「地域に密着したアーティスト集団」とは、街中でアートを実施したり、アートイベントを開催したりすることですか? A:日常生活のいたるところにアートがあることを目指すことが大切だと思います。日常的に行くところにアートがあったらいいなと思います。また、私たちはアーティストの集まりなので、どうすればアーティストが継続的に作品を作れる環境を作れるかを常に考えていて、それを実現できるように努力しています。   私のような絵描きの場合は、先人が道を切り開いてくれたからこそ、プロの絵描きになって生計を立て、自分の道を切り開いていくことができているわけです。しかし、メディアアートや立体美術などの新しいジャンルの作品を制作しているアーティストにとっては話は別で、そもそもアーティストの作品は売るものではなく、体験するものです。だからこそ、アーティストが継続的に作品を作り続けて生計を立てられるような機会を作っていきたいと思っています。それがとても大切なことだと思っていますし、C-DEPOTがそのような機会が生まれる場所になるようにしたいと思っています。 そのため、作品の売上を上げることに力を入れているのはもちろんですが、アートを提供するということは、パフォーマンスを提供したり、様々なイベントにアートを提供したりと、様々な形で提供できると思っています。そのため、アーティストの得意分野に合わせた様々な企画を企画して、地域との絆を作っていきたいと思っています。 最近は、子供向けのワークショップでも、ワークショップをしてほしいという要望が多くなってきました。子供に文化教育を体験させたいという親御さんが増えているように感じます。 妻でさえ、子供たちを連れて行くために、こういったワークショップを探しています。従来の絵画教室に通うというよりも、ユニークなジャンルのアートに魅了されているようです。 C-DEPOTでは豊島区と連携し、毎年夏休みに5日間のワークショップを開催しています。子供たちへの美術教育はとても大切なことだと思うので、そのために何か貢献できないかと考え始めました。私たちのワークショップはとても人気があり、広告を出さなくても多くの人が申し込みをしてくれます。このようなワークショップの需要は非常に高いことがわかりました。 未来を見つめる Q:今後のビジョンを教えてください。 A: C-DEPOTはウィーン・セセッシオンをモデルにしています。ウィーン・セセッシオンには「セセッシオンビル」という建物があり、そこで展覧会を開催していました。メンバーが集まっていろいろな活動ができるような大きなアートセンターができたらいいなと思っています。 Q:TRiCERAに期待することは何ですか? A: 質の高いアートを提供したいと思っていますし、結果が出れば、もっと積極的に活動してくれるメンバーが増えると思います。多くのメンバーがいる中で、継続的に活動している人は半分くらいです。実績があっても今は活動していない人たちにも参加してもらい、自分が得をしていると感じてもらえればいいと思います。そのためにも、海外に向けての活動は非常に魅力的だと思います。 もっと見るC-DEPOTの芸術 (A-Z) Aran YasuokaAsuka TsutsumiCorsicaDaisuke...

Feature Post

本桥浩介的光栅限定版画限量发行150张。

沉默之王   15,000日元(不含税)   版本:150尺寸:高420×宽297mm工艺:亚克力镜片凹版印刷有框印刷。原创亚克力框架(+10,000日元) 照片中的画框仅供参考,并非原物。 ©︎KOSUKE MOTOHASI/TRiCERA,inc.版权所有。       TRiCERA欣然宣布推出本桥浩介的限量版印刷品"THE KING OF SILENCE",限量150张。 本桥1989年出生于日本兵库县,2013年左右开始艺术生涯,一直活跃在东京和纽约。本桥一直在问:"在我们这个时代,解决生与死的问题意味着什么?"他通过作品探讨了艺术作品和观众面对面时发生的关系性化学反应和意义。 ,在这次展览中,他采用光栅印刷的方式,创作出了一件可以从三个不同的方向看到的作品,并且不断变化,仿佛是一个多变的现象世界。 请大家借此机会欣赏一下本桥作品中流淌的一部分直接面对生死的心跳。                             出售须知】(1)作品附带签名、编号的证书。 (2)版号不能选择。 (3)从您购买作品到发货,请允许大约2周至1个月的时间。 (4)因客户拒收工程而需重新交付的费用由客户承担。 (5)作品销售期为2020年12月8日至2021年1月8日。      

时间的形状–齐藤拓海、SAMHOSHI、东真奈美、林加奈宇、野泽谅的群演–。

TRiCERA欣然宣布,将于12月19日至2021年1月19日期间,举办斋藤拓实、Samehoshi、东真美、林加奈武、野泽谅五位艺术家的多幅作品联展。     关于本次展览   本次展览的名称取自艺术史学家乔治-库布勒(George Kübler,1912-96)所著的《时间的形状:事物的历史备注》(The Shape of Time:Remarks of History of Things),在解读参展艺术家的作品和活动的同时,也关注了围绕在艺术作品周围的时间。此外,展览还将采用二维媒介之一的印刷术作为观赏体验的提案。   在各个艺术领域中,绘画与版画往往有着熨帖的关系。与绘画相比,版画通过画材等材料和艺术家的笔触、笔画等物理痕迹,具有复杂的信息和结构,版画的功能就像记录一样,将画面提取出来,固定在纸上。   绘画作品随着时间的推移,自然会被划伤、磨损,像融化的冰块一样慢慢磨损。这个事实提醒我们,绘画是一个平面的物体,同时也给我们带来了一个新的欣赏角度,绘画是一种材料,而印刷品是一种媒介,除了作品的物质性和物理性之外,更忠实于图像的记录和传递,各自有不同的时间流动方式。   除了指与艺术作品相关的时间,本次展览还将尝试从时间的角度解读参展艺术家的表达现状。   斋藤拓海在风景中描绘了童年的自己,让他想起了随着年龄增长而消逝的情感。在她的作品中,在一个画面上描绘了现在和过去两种时态,时间的不可逆进展和与之相关的感伤被丰富而安静地叙述出来。   三越在一个女孩的畸形面孔上描绘了不同载体的衰败与生成。本次展览的作品,除了上述的矛盾性特征外,还通过砸蛋糕的方式来探索可塑性崩溃的新方面。   阿兹玛以二条人偶和玩具为主题,通过旋转的运动将时间限制在画布上,进行实验性的绘画创作。他继续用一种视觉语言来介绍与顺序时间、重复时间和运动中的物体有关的考虑。   此外,林嘉宇还一直在研究飞机的速度主题。虽然绘画当然是一个静态的物体,运动作为一种现象并不会出现在画面上,但她一直在解决静止画面上的速度问题,就像未来派所做的那样。   在她的绘画中,Azusa Nozawa使用了贴纸炸弹,这是一种源自于定制汽车和摩托车的街头文化的技术,在这种技术中,贴纸被层层贴上,直到支撑物的表面不再可见。她的画作中,画面层层叠叠,具有多层次的结构,所包含的时间极其复杂,这也是它们区别于插图的地方,也赋予了它们作为绘画存在的意义。   库伯勒试图分析作品本身的风格和系列的流变,但这次展览却在此基础上进行了拓展,以一种反讽的方式来研究时间的流变和艺术作品的物质特性,展出的不是作为创作行为结果的绘画作品,而是作为这一行为记录的印刷作品。本次展览旨在以一种反讽的方式,让人们思考时间的流动和艺术作品的物质性。我们希望你能享受这个机会,通过艺术家们在纸上静静讲述自己故事的画面来思考绘画本身。     关于参展艺术家       Takumi Saitoh     斋藤1996年出生于东京,2020年毕业于武藏野美术大学日本画专业。他的主要群展包括"daily awa"(Koenji pocke / 2019 /东京)、"雾"(展览空间CLOSET / 2020 /东京)、"ob策展新华社"(Hidari zingaro / 2020 /东京),他的个展包括"温柔"。岁"(新宿眼科画廊/2020/东京)。       点击这里查看斋藤拓海的限量版画作品。       SAMEHOSHI     1997年生于东京。毕业于武藏野美术大学,主修油画,从2016年左右开始用丙烯颜料和钢笔画一个反复折叠成形的女孩。       点击这里查看三越的限量版画。       Hayashi Kanae...

工艺对当代绘画有什么影响?

我的目标是超越时间。"将装饰和工艺运用到绘画中的京森康平说。我们和他聊了聊他的想法和创作。 点击这里了解详情 京森,你的绘画创作是以装饰为背景的吧?在我们开始之前,我可以问你一些事情吗? -我以当代装饰设计师的头衔工作,但我牢记自己是在用自己的方式诠释和更新历史上的诸多装饰文化。从这个角度看,我的作品可能会以绘画的形式,以一种新的方式介绍装饰文化,不分国家和地区。从某种意义上说,语言在当代艺术中很重要,尤其是在观念作品中。但至少我自己的作品,我希望它能让人看了就能被感动,而不是靠文字。 点击这里了解详情 你以前是做平面设计和服装的。这对你的工作有影响吗? -是的,这是一个影响,也是一个重要因素。在色彩搭配上,我想我在欧洲学习时尚的经历起到了作用。我的作品也是数字化的,所以我试图超越二维绘画的界限,结合多种技术和材料,比如材料的选择、数字和模拟的融合,来增强作品的力度。 点击这里了解详情 能否介绍一下你们的生产流程?-先是草图,再是数字模拟,然后是作品的CG图。然后,我用适合材料的印刷技术将作品打印出来,用矿物颜料和UV树脂进行染色和立体加工。 这是一个复杂的过程。-是的,但这种方法的好处是可以创造机会。经由过程数字仿真,创造出意想不到的元素。你不会被自己的想法束缚,但你可以把从自己的想法中解放出来的想法融入到你的制作中。 你的作品中有很多系列,每个系列的重点是什么? -现在我大概有五个系列。例如,"A-UN"系列包含了克服族裔群体之间歧视和偏见的希望信息。另一个重要的系列是"JAPAN BLUE"系列。本系列采用靛蓝染色。本次系列活动的主题是"肯定不完美"。我相信,一切被认为与社会格格不入的东西都是个性。多样化的社会是一个包含了不符合既定框架的特征的社会。所以我觉得很日本。 点击这里了解详情 你有什么信息或目标想通过你的作品传达吗?-我的信息是承认和接受不完美。我的目标是"超越时代"。这个目标我想了很久。这可能是节目中最重要的东西。最近,我一直在思考普遍性的问题,从装饰意义上讲,是不是你看了之后就会有这样的感觉?一个单项设计包含了很多技术、密度、时间和参与人员的精力。每个人看到它都会觉得:"太好了!每个人看到它都会觉得:"太好了!我想你能感觉到它。我喜欢那些让我感动的东西,不用解释,我觉得这很好。 你对未来有什么打算? -我想从装饰的角度出发,利用日本传统工艺的背景进行艺术创作。具体来说,我想把有田烧瓷器和德岛蓝染等历史和传统孕育的技术与我的装饰画相结合。我相信这样做可以提升作品/物品的价值、实力和能量。此外,我们希望通过与各地区的合作,将能够留给日本未来的技术和传统保存下来,并将不断发展的传统传承下去,超越时间的限制。 点击这里了解详情

人像的正面和背面

池田绫子是一位以肖像画形式输出情感的画家。她不以表现对象的细节为目的,如颜色、轮廓等,而是反映她的情感、思想和她自己内心的运动。绘画是一种自我表达,她用绘画的形式来勾勒自己的精神。 看来你的很多作品都是肖像画。首先,请您解释一下您的作品? -我的作品取决于我当时的心情,所以我并不总是有一个特定的主题来画,但我经常画肖像。但是,我经常用当时的感受表达来画肖像。 我从小就喜欢画画,以前经常画人。我还是喜欢画人,这不是故意的,但当我想到要在画中直接反映自己的情感来表达时,我觉得风景和抽象画不适合。不知道为什么,我觉得人像摄影是直接表达自己情感的最好方式。 鲜艳的R_02,53×45.5cm。 你作品中的人是用随意的颜色画出来的,而不是用写实的手法。这些图案是虚构的吗? -不,想象力不是我的专长,所以我画画的时候有一套原型。但是当我看到完成的作品时,却和我的形象不一样,所以有时候我在想,原型是否有用?身体各部位的颜色是在看图片的时候决定的,所以有时候皮肤的颜色是随机的,比如绿色。就像我之前说的,我的感受反映在我的画作中,所以当我看到完成的作品时,我当时的感受又回来了。我只有在完成一幅画的时候才会被说服,而不是在我工作的时候。 献给P_07,19.5×25.4厘米。 你是不是一直想成为一名画家? -没有,但我从小就喜欢画画。我不能像漫画那样编故事,但我会画画,所以我决定去读美术学校。学校的倾向是叫我画全身,但我觉得脸更有趣。在学校里,我主要学的是插画,但随着学习的深入,我对"客户工作"的兴趣越来越小。我想画我想画的东西。 你说你的作品反映了你当时的情绪。但是你想画的东西会不会因为图案的不同而改变呢? -这要看情况,但我没有真正的流程。我想我在忙于其他事情的时候往往会画肖像。所以我觉得我在通过画画来释放自己的情绪。 去年秋天,我捡到一只麻雀,和它相处了大约两天,不知为什么,我觉得有一种冲动,想画一些肖像以外的东西。所以当时我画的是脸以外的图案。也许这个主题会改变,也许不会,这取决于我遇到的人或我对未来的看法。

Editor's Choice